タイ・バンコクにある買い物の聖地『MBK』センターのコロナ禍の様子は?お客様はいるの!?

タイ 生活

今回はタイ・バンコクにある買い物の聖地『MBKセンター』の様子を調査してきました。

調査日は2021年5月26日です。

MBKセンターはバンコクにある老舗のショッピングセンターですね(^O^)/

この記事を読んで下さっている方は、訪れたことがあると言う人も多いのではないでしょうか?

1985年にオープンしたみたいです!以前は東急百貨店も入店していましたが、今年に入って直ぐに閉店しました。コロナの影響ですね。。。

MBKセンターに外国人観光客が多く訪れる理由は、お土産が安く買えるからだと思います!

タイパンツなど外国人観光客の定番のお土産はマーケットで買うより安いと個人的には思っています。

また、電化製品フロアがありスマホの修理が安く出来たりもします(^O^)/

今回はバンコクでの買い物で外せない場所『MBKセンター』のコロナ禍の様子を近くを通ったので調査してきました。

スポンサーリンク

MBKセンターのコロナ禍の様子はどうなっている?

MBKセンターって何があるの?と言う方のために簡単に説明します。

コロナ前の平常運転時には約2500店舗が入店する巨大なショッピングモールです。

売り場面積は東京ドームの約2倍だとか。建物は8階建てです!

洋服店から、携帯の修理店、ゲームセンター、レストラン街など多岐にわたる業種が入店していて、世界中からの観光客が訪れていました。

人気の理由は安いからです!個人店が多く入っているので値段の交渉が可能で、ナイトマーケットよりも少し安い印象です(^O^)/

ちなみに、中東系やインド系の方のお店も入っています!

電化製品は全てが本物か?と言うと怪しいですが。。。

初めから壊れている商品も店頭に並んでいる場合があるので、購入の際には注意が必要です。笑

お客様はいるの?

結論を先に言うとガラガラです。。。

特にお土産を売っているフロアや洋服店のフロアが悲惨です!

外国人相手に商売をしていたお店は悲惨な状況になっていて、閉店している店もありました。

これだけ人がいなければ東急百貨店も徹底しますよね。。。

もしかしたら、コロナ前から撤退は決まっていたのかもしれませんが。笑


フロアによっては殆ど人が歩いていません。。。

タイの祝日でこの状況はかなりヤバいです。。。

エスカレーターから下を見たイメージです!

15時くらいに訪問をしたので時間帯によってはもう少し人がいるのかもしれませんが、この時間帯はガラガラでした。。。

正直、開けている意味があるのか?レベルです。笑

『ソイ・カウボーイ』や『ナナプラザ』の状況もそうですが、コロナ禍の様子を見てタイが観光大国だと言うことを改めて認識させられました。

MBKセンターの店内でも中央エスカレーター付近のお店は開いていますが、奥の方の店は殆ど撤退しています。

まぁ、周りが撤退していけば1件だけ開けていても意味がないのでね。。。

電化製品が売ってあるフロアはそれなりに人がいました(^O^)/

殆どが現地人です!スマホの故障などの需要は一定数あるみたいです。

個人的には正規店で修理したいですけど。。。笑





まとめ

この記事はタイ・バンコクにある買い物の聖地『MBKセンター』の2021年5月の様子を纏めました。

完全に外国人観光客を相手にしている風俗街よりは少しマシでしたが、MBKセンターも外国人相手のお土産屋さんが多いので、結構ダメージは大きいと思います。

写真を撮るのを忘れましたが、MBKセンターの最上階にあるゲームセンターは閉店していました。

コロナの影響で一時的に閉まっているのか分かりませんが、トタン板で壁が出来ていてゲーム機は全て電源を切って通路に並べれていました。

最上階の同じフロアにある池袋や秋葉原にある『アニメイト』は元気に営業していました(^O^)/

タイ人相手にしている商売は大丈夫そうですね!

早くコロナが終息して今までのように自由に国境を行き来できるように戻って欲しいです(^O^)/

今回はここまで。

インスタとTwitterを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Journey

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

YouTubeです→Pee Kei Journey ※YouTubeはあまり期待しないでください。笑

でもチャンネル登録してくれたら嬉しいです(^O^)/

それでは次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページまたはライン@からご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/





コメント

タイトルとURLをコピーしました