タイ旅行って結局いつからいけるの?海外旅行に早く行きたいが隔離が気になる方へ

タイ 生活

皆さんこんにちは(^O^)/ Pee Keiです。

皆さんは海外旅行が好きですか?

この記事を読んでいると言う事は、海外旅行が好きですよね(^O^)/

コロナウイルスが世界中に蔓延して1年以上経ち、海外旅行が好きな方はウズウズしながらコロナが終息するのを待っていることかと思います。

1年前はワクチン接種が済めばコロナは終息し、自由に国境の移動が出来るようになると期待していた方も多いと思いますが、まさかのデルタ株が世界中で猛威を奮い1年前とそんなに状況が変わっていません。。。

僕の住んでいるタイのバンコクでも連日コロナ新規感染者が右肩上がりで上昇していて、医療崩壊しているような状況です。

1年前の人には教えられない現実ですね。笑

ガッカリしますからね( ̄▽ ̄)

ただ、タイが好きな方に前向きな情報もあります!(少しだけ)

今回はこの辺を深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

タイ旅行って結局いつから行けるの?

東南アジアにあるタイは日本人旅行者も多く訪れていた微笑みの国ですね(^O^)/

タイが好きと言う日本人は多いと思います。

暖かいし、のんびりしていて過ごしやすいですよね!

コロナ前は東京からバンコクまでFSCとLCCを合わせて1日に20便近く飛んでいましたね。

大阪や地方都市を入れると更に多くの便が飛んでいました。

まぁ日本人がタイに行く為だけでなく、タイ人の日本観光用のフライトでもありましたが(^O^)/

タイに行く事は今でもできる?

タイに行く事は2021年8月の段階でも可能です。

プーケットサンドボックスやサムイプラスと言うタイ政府のプロモーションを利用すれば訪れる事は可能です。

ただし、条件が少し厳しくワクチン接種を完了した方となっています。

ワクチン接種は日本でなくアメリカなどで受けた方でも問題ありません。

日本在住者が1番ハードルが高いと感じるのが日本に帰国後の隔離だと思います!

ワクチンパスポートがあれば日本帰国時にも陰性証明書の提示だけで隔離が無くなるのであれば、タイにどうしても行きたいと言う方には良いかもしれません。

ただし、日本からプーケットまでの直行便が運行されていないので、日本から向かう場合は乗り継ぎ便を使う事になりますが、バンコクからプーケット行きの特別便に日本から到着の国際線は接続をしていないと言う事なので、プーケットへ直行便を飛ばしている航空会社を利用することになります。

シンガポール航空が1番良い選択肢になりますが、乗り継ぎ可能か要確認です。

また、遠回りになりますが、マイルを使いたい方はカタール航空やエミレーツ航空でも可能です。

こちらも乗り継ぎが出来るか要確認です。

また、プーケットサンドボックスやサムイプラスを使って入国する場合でも『入国許可証(COE)』の取得が必須です。

他にも10万米ドル以上の補償額があるコロナ保険加入必須など条件は色々あります。

コロナ前のように、『明日タイいこかな』と気分でLCCの航空券を予約して行けるわけではありませんが、少しは前進したのかなと思います。

ちなみに10月からはバンコクやチェンマイ、パタヤも開けるようです(^O^)/





COEや隔離なしで入国はいつから?

皆さんが1番気になるところですよね!

隔離があるなら、そもそも海外旅行自体が選択肢から外れている。。。と言う方が殆どだと思います。

正直に言うと、しばらくは厳しいのではないかと思います。。。

隔離はサンドボックスなどを利用すれば、一応プーケットの指定された場所は自由に移動が出来るようですが、全ての観光客が自由にタイ全土を観光できるようになるのは数年かかるのではないかと思います。

ちなみにホテルも指定された場所からしか選べないので、以前のように1泊200THBのドミトリーに宿泊なんて事は、当分厳しいと思います。

また、数年はワクチン接種完了者と陰性証明書必須は入国の条件として付けられると思います。

タイは発展途上国との陸続きの国が多く不法入国が後を絶えない為、タイだけ感染が終息するだけではなく近隣の国も併せてコロナが終息する必要があります。

国境付近にバンコクレベルの隔離ホテルがあるとは思えないので。。。

タイの建設作業員を見れば分かると思いますが、顔に『タナカ』と言われる、粉みたいなのを塗っている人が沢山いますよね。

タイの現場の労働を支えているのはミヤンマー人がいるからとも言われています。

他にもカンボジアやラオスなどの出稼ぎの方も沢山いらっしゃいます。

経済を回すのには仕方ないことかもしれませんが。。。。

インフラも整っていない国が多い東南アジアの国からコロナウイルスが終息するのはかなり時間がかかると思うので、自由に以前のように国境を行き来できるように戻るのはしばらくかかりそうです。

タイ国民のワクチン希望者全員が2回以上接種完了をすれば、ワクチン接種完了者の外国人は隔離なしで入国を認めてもらえるかもしれませんが(^O^)/

そこに期待するのが最短ルートだと思いますがワクチン不足だったり、効果の薄いワクチンを打って別のワクチンを打ち直しの可能性もありますし。。。

2019年のような自由なタイ観光には過度な期待は持たない方がいいかもしれません。。。

日本も全く終息の見込みが立てられていないので、そもそも日本から隔離なしで到着初日からタイ全土を開放してくれるかも分かりませんしね。





まとめ

タイが大好きで早くタイに行きたいと言う方は多いと思いますが、コロナ前のように自由に外国人が観光を出来るようになるにはまだ時間がかかりそうです。

一時は隔離期間が10日間に短縮されたりワクチン接種者は7日間になったりしたのですが、結局14日の隔離に逆戻りしてしまいました。

コロナ禍で航空会社もキャッシュが回っていないので、返金を渋ってバウチャーで対応する航空会社も数多くあります。

その為、Youtubeなので『年末は海外旅行可能!?』や『2022年は海外旅行解禁』などの動画が多くありますが、安いからと飛びついて『今のうちに航空券を買おう!』と言う事はやめたほうが良いと思います。

現金で払って、バウチャーで対応される可能性が高いです。。。

まぁ、いくらワクチン接種完了してタイが隔離無しになったとしても、日本に帰国時に強制隔離があるのであれば日数的に行くことが出来ない。。。と言う方も多いと思います。

タイにどうしても行きたい方はプーケットサンドボックスやサムイプラスを利用すれば訪れる事は可能ですが、時間とお金に困らない方が対象になると思います。

まぁ、そう言う方はタイランドエリートビザを取得していると思います。笑

年末の海外旅行などに期待している方も多いともいますが、今年中に制限無しで以前のようにタイ全土を自由に観光できるようになるのは厳しいのではないかと思います。

もちろん、『ワクチン接種完了している方は帰国時の隔離無し!』などと日本側が発表すれば、グアムやハワイなどに行く方は増えてくるのかと思います(^O^)/

今回はここまで。

インスタとTwitterを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Journey

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

YouTubeです→Pee Kei Journey (チャンネル登録してくれたら嬉しいです^ ^)

それでは次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページまたはライン@からご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/



コメント

タイトルとURLをコピーしました