バックパッカーをするならミニマリストがオススメ?旅にベストな荷物の量はどのくらいなの!?

世界一周

みなさんこんにちは(^O^)/ Pee Keiです。

この記事は『バックパッカーを始める際に荷物の量はどのくらい必要なの?』という疑問を解決していきたいと思います。

皆さんは海外旅行に行く際にスーツケースで行きますか?それともバックパックで行きますか?

僕は基本的にバックパック1つでどこでも行きます(^O^)/

旅行会社のツアーで行き先やホテルが決まっている場合はスーツケースで行くのもいいですが、バックパッカーで世界一周をするとなると、道の舗装されていない発展途上国を訪れたり、夜行バスで国境を超えたりするのでスーツケースでは不便ですよね。

そこで活躍するのがバックパック!

背中に背負って移動が出来るので、道が舗装されてない場合でも、道路が浸水している場合でも関係なしに移動をする事が出来ます。

日本で欧米人の方が大きなリュックサックを背負って、浅草や新宿を歩いている光景を見た事がある方も多いかと思います(^O^)/

欧米人は大きなリュックサックを平気で背負ったまま街中を歩いていますが、比較的小柄な日本人が欧米人の真似をして大きなリュックを背負って歩くと腰に負担がかかります。

そのためバックパッカーとして旅に行く場合は、必要最低限の荷物だけを持って行くといいと思います。

今回はこの辺を深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

バックパッカーの荷物

バックパッカーを始めるのであれば、旅中にずっと一緒に移動をするバックパックを決めなければいけません。

小さすぎるバックを買うと荷物が入りきらない場合もありますし、大きすぎるとバックが重くて大変です。

そのため自分にベストなバックを見つける必要があります。

世界一周中に必ず必要という物はそんなに多くはないので、気持ち小さめのバックでも大丈夫だと思います。

出来るだけミニマリストを心がけるといいと思います。

旅に出発する前に家で荷物を入れて背負ってみると思いますが、家の中で数分背負った感じと、発展途上国の砂埃が舞う炎天下の中を背負って歩くのでは全く違います。

そのため、気持ち軽めで出発することをオススメします。

世界一周をしていると沢山の旅人に出会いますが、バックパッカー初心者がよく訪れる東南アジアやヨーロッパで会う人は大きめのバックパックを持っている人が多く、中央アジアや西アフリカなど旅慣れしている方が多いエリアで会う方は、小さめの荷物で訪れている人が多い印象です。

僕も初めは大きめのバックパックで旅をしていましたが、1度もバックから出していない物が下の方に入っていたり。。。笑

最低限の物だけで出発して消耗品等は現地調達で大丈夫です(^O^)/

日本から持って行った方がいい物

日本から持って行った方が良いものはそんなに多くありません。

最低限、日本から持って行った方がいいものです↓↓↓

・パスポート
・クレジットカード(VISA MasterCardを1枚ずつ)
・パスポートのコピー
・パスポートを紛失した際に使う戸籍謄本の原本
・クレジットカードの保険の保証内容(英文)
・筆記用具(ボールペン2本)
・現金少し(出来ればアメリカドルの小額紙幣)
・証明写真(スマホで撮影してコンビニで印刷したもの)
・スマホの充電器
・コンビニの割り箸・1番大きい袋数枚
・下着3日分
・常備薬
・コンタクト・メガネ
・歯ブラシ、歯磨き粉(小さいやつ)
・爪切り
・長袖のジャケット

他の物は、基本的に現地調達で大丈夫です。

サンダルやマフラーなど行き先によっては必要ですが、必要になった際に現地で購入をすれば大丈夫です。

ビザが必要な国を訪れる際は証明写真が必要になる場合もあります。

基本的に観光目的で入国をする場合、ワークビザや永住権の申請と違って多少写真の画像が粗くても大丈夫な場合が多いので、スマホのアプリを使って撮影してコンビニ印刷で大丈夫です。

ちなみに現地で撮影する事も可能なので、無理に日本で用意する必要はありません。

また、よく忘れがちなのが『戸籍謄本の原本』です。

確かに海外に行くときに使う事はありませんが、海外でパスポートを紛失した場合や盗難にあった場合に再発行手続きが早く進みます。

念のため持っていくことをオススメします。

日本から持って行かなくていいもの

日本で全て揃えてから旅に行きたいという方も多いと思います。

ただ、実際に日本で準備するより海外で準備をした方が効率が良く安い場合があります。

主なとこでいえばドライヤーや延長コードです。

日本が使用している電圧は世界で見ると弱いので、日本のドライヤーを海外のコンセントに差し込むと壊れたり変な音がする場合があります。

日本で全世界対応のドライヤーを購入すると高いですからね。。。笑

そのため、オススメは220Vを使用しているタイでの購入です。

タイのドライヤーは220V対応なので、たとえ電圧が弱い国のコンセントに差し込んでも壊れる事は基本的にありません。

勢いが弱かったりする事はありますが、一応使えます。笑

240Vの国でも使えますが、自己責任でお願いします。

スマホの充電器は世界対応なので240Vまでは対応しているので、日本から持って行っても問題ありません。

また、下着は少なめで大丈夫です。こまめに洗って荷物を減らして下さい。

基本的に汚れたり破れたら現地調達で大丈夫です(^O^)/

シャンプーや石鹸、歯ブラシ、ナプキン等も全て現地調達で問題ありません。





まとめ

この記事では『バックパッカーを始める際に荷物の量はどのくらいなの?』という疑問を解決しました。

日本で準備するものは基本的な物のみで、足りないものは現地調達で賄いましょう。

家で使っている古いスウェットがある場合は1枚持っていくと良いと思います。

出来るだけ、ズボンのポケットにファスナーが付いている物がオススメです。

飛行機に乗る際もスウェットの方が楽ですしね(^O^)/

バックパッカーをする場合、飛行機を利用する際は基本的にLCCになると思いますので、出来るだけ超過料金を取られないように荷物は軽めで行ってください。

まぁ、いくら軽くても機内持ち込みの7KGは超えると思いますが、多少であれば多めに見てくれる場合もあります。

使わない荷物まで背負って持ち運ぶのは大変なので、出来るだけミニマリストで行くことをオススメします。

ちなみにクレジットカードは出し入れをすると無くしたり盗難に遭う可能性が出るので、スマホで写真を取って画像を見て番号を確認するようにするといいと思います。

海外でカードを無くすと大変なのでね( ̄▽ ̄)

今回はここまで。

インスタとTwitterを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Journey

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

YouTubeです→Pee Kei Journey (チャンネル登録してくれたら嬉しいです^ ^)

それでは次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しているので、クリックしてくれたら嬉しいです(^O^)/

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページからご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/





コメント

タイトルとURLをコピーしました