海外移住を決める前に知っておくデメリットは!?後悔しないためにもこれだけは押さえておきたい!

タイ 生活

みんさんこんにちは(^O^)/ Pee Keiです。

みなさんは海外移住と聞くと、どのようなイメージをお持ちですか?

最近では海外に住む日本人も増えてきましたよね(^O^)/

海外移住は人によってはオススメなのですが、海外移住をして後悔をしている方がいるのも事実です。

確かにテレビなどを見ているとヨーロッパの綺麗な街並みが映し出されたりと憧れますよね!

ただ、テレビで見るヨーロッパの世界と実際に生活をするヨーロッパの世界は全く違います。

街中は落書きらだけだったり、ゴミだらけだったりと。。。

海外移住をする際は憧れだけではなく、なぜ移住をしたいのかと言う理由を明確に決めてから移住をする方がいいと思います。

今回はこの辺を深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

海外移住のメリット

海外移住をすると、新しい文化や言語に触れる事が出来るので毎日が刺激的になります。

子供がいる方はバイリンガルに比較的簡単に出来ますね(^O^)/

また、海外で日本語は滅多に聞こえてくる事はないので、電車の中などの公共の場所で自分の聞きたくない会話の内容が聞こえてくる事はありません。

それに日本よりも物価の安い国に移住をすれば、日本では到底手が出せないようなプールやジム付きのコンドミニアムの高層階に住むことも出来ます。

もちろん収入は必要ですが日本ベースの収入がある方であれば、東南アジアや南米ではかなり裕福な生活が送れると思います。

また、資産分散をすることも可能です。

日本だけに全ての資産を置いておくのはリスクが伴います。

もちろん日本だけでありませんが、1ヶ国だけに依存をするのは少しリスクになる可能性が高いです。

コロナウイルスが世界中に蔓延をしたように、一寸先は闇なので何処の国がいきなり転けるかわかりませんからね。。。

海外移住のデメリット

海外移住のメリットはよく話を聞くと思います(^O^)/

まぁ、みんな良いことしか言わないのでね。笑

実際に海外移住をする上で知っておかないといけないのがデメリットですよね!

海外移住のデメリットも沢山あります。

現地語が分からないと仕事を探すが大変

日本にも最近は沢山の外国人がコンビニや居酒屋で働いていますよね。

彼らはもちろん日本語で接客をしています。

現地語がわからないと、収入の面で苦労することになると思います。

自分の過去の経験を活かして海外で活躍したいと考えて日本を飛び出しても、国によっては外国人が従事できない職業が決められている場合もあります。

自国民の雇用を守る為なので仕方ありませんね。

日本の感覚でサービスを受けるとイライラする

海外では電車が時間通りに来ないことは日常茶飯事です。

時刻表すらない国も珍しくありません。

また、スーパーのレジは基本いつでも長蛇の列になっています。

どれだけお客様が並んでいようと気にせずマイペースで働いています(^O^)/

生活をしているうちに慣れてくると思いますが、初めはストレスが貯まると思います。

スーパーであればまだいいですが、病院もすぐには受診する事が基本的には出来なく予約を取らなければいけません。

歯が痛くて歯医者に行ったら診察は1週間後と言うこともあります。。。

日本食が高い

日本で生まれ育った方は、日本食が食べたくなりますよね。

毎日、サンドウィッチにパスタ、ピザであれば飽きますよね。笑

今では世界中に日本人が住んでいるのでアフリカの辺鄙など田舎などに住まない限り基本的に何処でも日本食は手に入ります。

ただ、料金がかなり割高です。。。

輸送費がかかっているので仕方ありませんが、日本のスーパーの2倍近くする事もあります。

為替にもよりますが、ダイソーの商品も基本的にデフォルトで約2倍の価格スタートです。





保険が高い

海外は病院代が高いと言う話をよく聞くと思います。

そのため、いつ何が起こるかわからないので無保険と言うわけにはいきませんよね。

ただ、その保険が結構高いのです。。。

日本の国民健康保険は世界的に見ても最高の制度だと思います。

東南アジアに移住をした日本人はコロナ前の話ですが、クレジットカードの保険が切れる数日前に日本にLCCで帰国して、クレジットカードの保険を復活させて日本食を買い込んで戻ってくるという強者もいました。笑

ビザの更新を気にしながら生活をしないといけない

海外移住をするとなればビザが必要になります。

永住権を取得して海外移住をするのであれば問題ありませんが、ビザで滞在をするのであれば常に本帰国の可能性が滞在中は付いて回ります。

ビザの更新の条件はよく変わるので更新のタイミングで運悪く改悪をされてしまったら、どうしょうもありません。

最近ではマレーシアが改悪をしたので、一気にハードルが高くなりましたね。

就労ビザで海外に滞在をする方は、外国人に対しての最低賃金が決められている場合が多く、ビザ発給条件の最低賃金を政府が上げた場合、雇用主に『給料が上がるなら契約更新しない!』と言われれば本帰国になる可能性があります。

文化の違い

意外と重要なのが文化の違いです。

完全なイスラム圏でなくてもマレーシアやインドネシアは『アザーン』というイスラム教の礼拝の音が街中に早朝から響き渡る場合もあります。

また国によっては地下鉄などで男女が同じ車両に乗る事を禁止にしている国もあります!

文化の違いといえば割り込みが当たり前という国もありますし、日本人が初めて海外移住をした場合、ここが1番大変だと思います。





まとめ

この記事では海外移住のメリット・デメリットについて書きました。

海外移住は新しい発見や見聞を広める事が出来る大きなチャンスですが、挫折して日本に帰国する人がいるのも事実です。

海外に完全移住をする前にワーキングホリデーや語学留学で数年でも海外に住んでみて、自分は海外のデメリットも理解した上で、それでも海外移住のメリットの方が大きいと思う方にはオススメです。

まぁ、『百聞は一見に如かず』という言葉があるように思い切って住んでみるのも良いかもしれませんが!

個人的には海外移住はオススメです。

海外移住の最大のメリットは子供がバイリンガルになる事です。

いくら翻訳機が発達したとしても自分の言葉に叶うものは無いと思います。

もちろんデメリットもあるので、許容できるかどうかを見極めて本格移住をしてください(^O^)/

今回はここまで。

インスタとTwitterを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Journey

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

YouTubeです→Pee Kei Journey (チャンネル登録してくれたら嬉しいです^ ^)

それでは次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しているので、クリックしてくれたら嬉しいです(^O^)/

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページからご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/





コメント

タイトルとURLをコピーしました