タイ・バンコクがどんどん変わっていく。。。ついに、トレインマーケットの取り壊しが始まる。

タイ 生活

みなさんこんにちは(^O^)/ Pee Keiです。

タイに観光客が自由に入国を出来なくなって早くも1年半が経ちました。

1年前は2020年の年末には海外旅行に行けるようになる!?と言われていましたが、あまり状況は変わっていません。

ただワクチンの接種が始まり、日本でも2回の接種を終えた方が50%を超えたとの報道もありましたよね(^O^)/

早く自由に世界中を行き来できるようにしてほしものです。

コロナで観光客が入国できなくなったタイの観光業も、もちろん大ダメージを受けています。

世界中の旅人が集まる『カオサンロード 』は壊滅状態ですし、バンコク最大のナイトマーケットである『トレインマーケット』の取り壊しも始まりました。。。

スポンサーリンク

バンコクの観光地の様子

コロナ禍でバンコクの観光地が減ってきています。。。

2021年7月の終わりにタイ政府からバンコクの『トレインナイトマーケット』の閉鎖が発表されました。

初めは完全なる閉鎖ではなくコロナ禍の一時閉鎖という報道だったのですが、ついに取り壊しが始まりました。

コロナ以前はインスタ栄えスポットと言って世界中の観光客がナイトマーケットの写真を撮ってSNSにアップしていましたが、ついにその光景を見る事は出来なくなってしまいました。

寂しいですね。。。

Youtubeに2021年3月に撮った動画があるので良ければ見てみて下さい(^O^)/

YouTubeです→Pee Kei Journey

日本のチェーン店がオープン

日本のお寿司のチェーン店『スシロー』が2021年3月の終わりにバンコクのセントラルワールドにオープンしましたよね。

タイでは人気らしく、ラマ9のセントラル内にも2021年11月にオープンするようです。

バンコクに日本のチェーン店が増えるのは嬉しいですね(^O^)/

新しいものが出てきて、古いものが消えていくといった感じですかね。。。

バンコクは世界でも上海、ロサンゼルスに並ぶ日本人在住者の多い都市なので、日本食レストランが増えるのはいいですね。

ちなみに、10月1日にバンコクに3店舗目のドン・キホーテがオープンするようです。

シーナカリン ナイトマーケットの横にオープンするので中心地から少し離れていますが、ウドムスク駅からミニバスで行けるようです。

ウドムスク周辺は工業団地で働く日本人の家族が多く住んでいるので、需要ありそうですね(^O^)/





パタヤ開放が微妙な雰囲気に

2021年10月からパタヤをワクチン接種済みの外国人に開放するとの計画がありましたが、パタヤは完全に開放されない方針のようです。。。

プーケットのサンドボックスのように結局は指定されたホテルに初めの1週間は滞在しないといけないみたいです。

検査結果が陰性であれば、パタヤ周辺のツアーに参加する事が出来るようになるようです。

正直、期待していた内容と違いました。。。

てっきり、ワクチンを2回接種して陰性証明書があれば、以前のように自由に空港から出て観光が出来るようになるのだと思っていましたが。

まぁ、自由に出歩いたところでウォーキングストリートは開いていないと思いますが。笑





まとめ

コロナ禍で外国人観光客が入国を出来ないので、バンコクの姿がガラリと変わってしまいました。

外国人観光客を相手にしていた場所は完全に壊滅状態です。。。

トレインナイトマーケットが取り壊しになったのは正直、ショックです。

最近では日本大使館からバンコクでテロ計画があるとかで、注意喚起のメールが届きました。

2015年にもバンコクで爆弾テロがあったので少し怖いですね。

ただ、タイのメディアでは報道されていないらしいので真相はよくわかりませんが、大使館からのメールには欧米系の施設や公共交通機関などは注意して下さいと書かれていました。

タイは空港から入って来る外国人には厳しく検疫、隔離をしていますが、陸から入って来る場合は緩いと聞きますからね。。。

今回はここまで。

インスタとTwitterを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Journey

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

YouTubeです→Pee Kei Journey (チャンネル登録してくれたら嬉しいです^ ^)

それでは次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しているので、クリックしてくれたら嬉しいです(^O^)/

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページからご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/





コメント

タイトルとURLをコピーしました