日本人が海外移住をするなら、どこの国がオススメ!?永住権まで取得するならどこが簡単!?

世界一周

みんさんこんにちは(^O^)/ Pee Keiです。

みなさんは海外移住に興味はありますか?

チャンスがあるなら海外移住をしたい!という方や、絶対日本から出たくない!と言う方まで、人それぞれだと思います。

僕は海外移住は肯定派です(^O^)/

海外移住と聞くとハードルが高そうに聞こえますが、今では沢山の日本人が既に移住をしている国もあるので日本語での情報も沢山あります。

また、海外移住をするとなると、結婚して子供がいる方であれば子供は高確率でバイリンガルになりますよね(^O^)/

たとえ、それが英語圏でなくても将来、2ヵ国語を話せるとなれば、かなり大きいと思います。

この記事では東南アジア以外の国を紹介いたします。

東南アジアは移住をする方が多いので別の記事に纏めましたので、そちらを読んでください。

今回はこの辺を深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

海外移住にオススメの国

海外移住をするとなると、観光ではないので長期滞在をすることになりますよね。

そのためには長期滞在可能なビザまたは永住権が必要になります。

出来れば永住権を取得したいところです(^O^)/

もちろん長期滞在が可能なビザでも滞在は出来るのですが、ビザで滞在をするのと永住権を取得して滞在するのであれば雲泥の差になります。

詳しくは下の記事を読んでみてください。

ここから先は長期滞在ビザよりも永住権で滞在をした方がいい理由を理解した前提で話を進めていきます。

ビザで滞在をする場合、移住先の国の法律が変わったり、ビザ更新の用件が変わったりと更新の度に多少のリスクが伴います。

数億円など、どこの国にでも投資が出来る余剰金がある方は問題ないかもしれませんが、大抵の人はそんなお金はありませんよね。

そのため、少しでも滞在のリスクを減らすためにも永住権の取得を目指すことをオススメします。

カナダ

世界の住みやすい国や都市のランキングで上位に必ず入っていますよね。

人気の理由は英語圏であり北米の高い教育水準があるからですね。

そのため世界中からカナダ移民をしたいと言う方が多くいます。

カナダは英語圏の中では比較的永住権が取得しやすく、ある程度の英語力があれば3年から4年で永住権取得までたどり着けます。

カナダの永住権申請の条件はポイント制で英語力、学歴、就労経験、年齢などそれぞれのポイントを総合してカナダ政府が認めるポイントを超えていれば永住権取得が出来ます。

すごくざっくりな説明になりますが、大学を出て年齢が比較的若く、カナダ政府が認める就労経験があれば比較的簡単に永住権取得が出来るのです。

ただし、基本的に就労経験はカナダ国内で合法なビザで1年以上の経験が必要になります。

そのため、ワーホリビザでの永住権申請はできません。

※その他の国の就労経験でも大丈夫なのですが、簡単につける職業ではない仕事(医者やパイロット等)に5年以上従事などレベルが高いです。

カナダの求人の殆どがカナダの永住権または市民権保持者に限定された募集なので、就労ビザを発行する前提の募集は滅多にありません。

そのため、Post-Graduation Work Permit というカナダのカレッジに通えば通った期間の分だけオープンの就労ビザをカナダ政府にもらうことが出来るビザがあるので、2年間カレッジに行き2年間カナダ国内で働けば永住権申請が一気に近づきます。

カナダのカレッジと就労経験、IELTSの点数に申請当時の年齢で殆どの方は永住権申請の基準をクリアできると思います。

※カナダは永住権を取得しても5年間のうちに730日以上カナダに住まなければ永住権を剥奪されるので注意が必要です。





オーストラリア

カナダ同様に住みやすい国、都市で必ず上位に入っていますよね。

オーストラリアも英語圏のため世界中から移民をしたい人が多くいます。

オーストラリアは日本人にとってカナダ以上に住みやすいかもしれません!

理由は時差が殆どないので日本に電話をする際も時間を気にする必要もありませんし、自動車の運転も日本と同じです。

オーストラリアの永住権の取得の仕方はカナダと殆ど同じでポイント制になっています。

永住権への1番の近道はオーストラリアの大学かカレッジを卒業して、オーストラリア国内での就労をする事です。

大学やカレッジを卒業すれば政府から数年の滞在可能なビザがもらえます。





オランダ

最近、日本人の間で有名なのがオランダでの永住権取得です。

オランダは日本人であれば比較的簡単に永住権が取得できるのでヨーロッパの永住権が欲しい方はかなりオススメです。

オランダの永住権があればシェンゲンエリア内であれば自由に行き来が出来ます。

オランダ移住の良いところはフリーランスビザを取得して入国をすれば、簡単に長期滞在が可能な点です。

オランダの銀行に保証金さえ入っていれば、オランダでの収入が0でも大丈夫です。

また、5年間オランダに滞在していれば永住権の申請が出来るので、ヨーロッパ移住を考えている方は入り口として、オランダに移住をするのがオススメです。

興味がある方は下の記事を読んでください。

まとめ

この記事では、日本人が海外移住をする際のオススメの国を書きました。

海外移住をする場合、人それぞれ家庭の事情などもあると思うので、日本から近場の東南アジアしか海外移住をする際には選択肢がないと言う方もいると思いますし、子供を英語圏で育てたいから英語圏にしか興味ないと言う方もいると思います。

また、海外移住をするならロサンゼルスやハワイがある『アメリカ』が良いと言う方も多いかと思います。

ただ、アメリカはトランプ前大統領が『Buy American and Hire American』という大統領令にサインをしたので永住権の取得の難易度が上がっています。

いつまで続くか分かりませんが、50万ドル以上アメリカに投資をすれば永住権申請が出来るようなプログラムもあるので、条件を満たせる方はアメリカも候補には入ると思います。

海外移住をする芸能人やインフルエンサーが最近は多いので、海外移住に憧れる方も増えてきているかもしれませんが、日本は世界的にみてもレベルが高い国であることには間違いので、日本に戻ると言う選択肢も頭にいれた上で海外移住をするのが良いかもしれません。

日本の治安の良さや、日本の国民健康保険はかなりレベルが高いです(^O^)/

今回はここまで。

インスタを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Jopurney

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

それでは次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページまたはライン@からご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/





コメント

タイトルとURLをコピーしました