海外の空港で空港泊をする際の注意点は?国によっては空港泊が出来ない場合がある!?

世界一周

みなさんこんにちは(^O^)/ Pee Keiです。

この記事は『海外の空港で空港泊をする際に注意しないといけない事は何?』という疑問を解決していきたいと思います。

皆さんは海外の空港で空港泊をした事はありますか?

世界中にある殆どの国際空港は24時間離発着が可能なので、時差の関係上深夜に到着する事も多々あると思います。

到着が24時以前であればホテルに向かうという方も多いと思いますが、深夜の2時や3時に到着をしたりすると入国をしてホテルに到着した頃には朝方になっている場合もあります。

朝の5時にチェックインをして1泊分取られるのであれば、空港で朝まで待機してホテル代を節約して、旅行中に使いたいですよね。

また、バックパッカーの貧乏旅行をしている方であれば、宿代節約のために初日は空港泊という方も多いかと思います。

空港泊はセキュリティーがバスターミナルや駅と比べると桁違いに高いので、安心ですが注意点もあります。

今回はこの辺を深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

空港泊とは

空港泊とは名前の通り空港に泊まって1泊宿代を浮かす事ですね(^O^)/

物価の高い国では宿代が浮くので助かります。

空港泊をする理由の多くは深夜に到着した場合や、早朝の便を予約してしまった場合ですね。

中には宿代がタダだからと、空港で寝泊りしているバックパッカーもいますが。笑

都市によっては空港へアクセスできる電車や路線バスが24時間動いていない場合もあります。

東京はまさに当てはまりますね。。。

そのため、深夜に到着をした場合は朝まで空港で仮眠できますし、早朝の便で電車やバスが動いていない時間の飛行機に乗る場合は前日に空港に行き、チェックイン開始時刻まで休む事が出来ます。

空港によってはセキュリティー上、空港泊が出来ない場合もあるので一応、注意が必要です。

最終的には現場の係員判断になると思いますが、インドでは入り口で航空券の確認を警備員がしており出発の3時間前からしかターミナルに入る事が出来なかったり、エジプトでは到着ターミナルがそのまま出口までロープで道案内されており、外に直接出されたりする場合もあります。

こればかりは国のルールであったり情勢であったりするので仕方ありません!

※インドの場合、空港泊は可能ですが外から来るとターミナル内に入れないので、実質乗り継ぎ便のみ可能です。

どこで寝るの?

空港泊をする際に寝る場所は主に2つ!

1つは『肘のせ』のついていない椅子を探してそこで寝る方法です。

空港によっては空港泊対策なのか、3人がけの椅子に肘のせがついていて、横になる事が出来ないようになっている椅子を設置している場合もあります。

頑張って『く』の字になって寝ようと挑戦している人もいますが、全く快適ではありません。笑

肘のせの付いていない椅子を運良く見つける事が出来れば、快適な空港泊が出来ると思います。

もう1つは人通りの少ない壁側や椅子の間で地べたに寝る方法です。

こちらは基本的にどこでも大丈夫ですが、寝袋がないと洋服が汚れます。

当然、沢山の人が靴で歩いているのでね。。。笑

洋服が汚れても気にしない!という方にはオススメの方法です。

日本人は不衛生と言って気にする方も多いと思いますが、中南米やヨーロッパの空港では皆さん気にせずに寝ています。

空港によっては深夜の清掃で移動しろと起こされる場合があります。笑

ちなみにWEBチェックインをすまして既に航空券のQRコードを持っている方は、手荷物検査後の搭乗エリアの方が人が少なくて快適に眠れると思います。

特に国際線の場合はターミナルの地べたにカーペットが敷いてある場合もあるので快適です(^O^)/

海外のハブ空港では空港泊をする人が多いので、場所の確保は早めにしておいて下さい。

空港泊をする際にあった方がいい物

空港泊をする際にあった方がいい物は、寝袋や地べたに敷くマット、自転車の鍵、防寒具です。

寝袋や地べたに敷くマットは正直荷物になるので、僕は持っていきませんでしたが、あった方が快適に眠れる事は間違い無いと思います。

日本から持っていくと邪魔なので、何泊か空港泊をしてみて寝袋や地べたに敷くマットがあった方がいいと思う方は現地で購入して下さい(^O^)/

ちなみに空港泊以外でも駅やバスターミナルに泊まる際に役に立ちます。

また、空港泊をする際に自転車の鍵はマストアイテムです。

自転車の鍵と言ってもワイヤーロックです。

トイレに行く際に椅子に鞄を繋いでおけば安心です!

短時間であれば問題ありませんが、鞄を繋いだまま空港内散策に行くと、誰かに持ち主不明の鞄が置いてあると通報される可能性もあるので注意して下さい。

旅仲間のスペイン人はイスタンブールの空港で荷物を放置したまま食事に行ったら、荷物の周りに警察が集まっていたと言っていました。笑

空港泊で最後の必須アイテムは防寒具です。

空港内は冷房が効いていてかなり寒いです。

チェックインして飛行機に乗るだけであれば問題ありませんが、同じ場所から動かずに寝るとなると寒いので防寒具があった方がいいと思います。





プライオリティーパスが最強

上では空港泊をする上で最低限必要なアイテムを書きましたが、空港泊をする上で欠かせない物がもう1つあります。

それは、プライオリティーパスです(^O^)/

世界中の殆どの空港のラウンジに入る事が出来ます。

このカードがあるか無いかで空港泊をするメリットが大きく変わってきます。

空港泊をすれば1泊宿代が浮くのでお得な気分ですが、空港で食事をするとかなり割高ですよね。。。

物価の安い国でも空港の料金は欧米諸国と同じという場合も多々あります。

空港泊をしてLCCで次の都市に移動をする場合など、貧乏旅をしていると中々まともな食事にありつけません。笑

そこで活躍するのがプライオリティーパス!

空港内のラウンジで無料で食事が出来ますし、ジュースも飲み放題!ラウンジによってはアルコールの無料提供を行っている場所もあります。

また、空港泊をしているとシャワーを浴びる事は出来ませんがプライオリティーパスを使ってラウンジに入ればシャワーが付いている場合もあります!

全てのラウンジではありませんが、最近では結構な確率で併設されています。

空港泊、LCC移動、プライオリティーパスのコンボが最強ですね(^O^)/

まとめ

この記事では『海外の空港で空港泊をする場合に注意する事は何?』という内容で書きました。

海外での空港泊は安全性に不安があると思う方もいるかと思いますが、そこまで心配をしなくても大丈夫です。

女性の方は寝ている間に痴漢に会う可能性もあるので一応注意が必要です。

コロンビアの空港で警備員に痴漢をされた日本人女性がいたので( ̄▽ ̄)

また、利用者の少ない空港で空港泊をしていると朝方、警備員に起こされて生存確認をされる場合があえります。笑

僕は一度ウルグアイの空港で生存確認をされました。笑

空港泊は基本的に殆どの空港で可能ですが、マイナーな国内線しか飛んでいない空港ですと最終便が出た後に空港を閉められて追い出される可能性もあるので一応、調べてから向かって下さい(^O^)/

今回はここまで。

インスタとTwitterを新しく開設したので、よければフォローして下さい(^O^)/

タイ専用のインスタです→Pee Kei Journey Thai

世界一周のインスタです→Pee Kei Journey

世界一周のTwitterです→Pee Kei Journey

それでは次の記事でお会いしましょう。

海外ブログランキングに参加しているので、よければしたの『日本ブログ村』をクリックしてくれると嬉しいです(^O^)/

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

※海外移住、海外での資産運用、海外就職、ワーホリ、格安世界一周の仕方など個別相談も行っていますので、相談したい方はお問い合わせページからご連絡ください。

タイ、マレーシア、シンガポールですと対面でのご相談が可能ですが、その他の国・地域からの方はリモートでお願い致します(^O^)/





コメント

タイトルとURLをコピーしました